■甲武信岳
 
 東京都の雲取山あたりから山梨県と長野県の県境沿いに連なる山脈の
 ちょうど中央部に位置する山。
 荒川や千曲・信濃川の源流が存在する。
 
※開いた写真のウィンドウはブラウザの「閉じる」ボタンなどで閉じてください。
・ナメ滝
 毛木平登山口から甲武信岳を目指す千曲川源流コースの中間地点。
 一枚岩の上を滑るように流れる滝。
・千曲川源流そば
 千曲川そして日本一長い川、信濃川に連なる長大な流れの出発点。
 雪解けから日も浅く、バイケイソウが芽吹きはじめ。
・戸渡尾根コース・木賊山頂近く
 甲武信岳の南側のコース。西沢渓谷の入口から上がる道。
 奥に見える湖はダム湖の広瀬湖。
・木賊山頂近くから甲武信岳
 整った円錐状の甲武信岳
・尻岩
 甲武信岳−十文字峠コースの中間あたり。
 見てのとおりの巨岩。
・樹林帯
 ブナ、コメツガなどの木が張る、複雑に絡まる根の様が面白い。
・武信白岩山
 甲武信岳−十文字峠コース脇にある岩山。
 近年崩壊の危険により岩の上へは登頂禁止となった。
・川上村
 十文字峠近くからの展望。八ヶ岳の方向だがこの写真では雲に隠れている。
・ヒメイワカガミ
 木賊山頂付近一帯で6月に咲くイワカガミの仲間。
・ベニバナイチヤクソウ
 毛木平登山口一帯に群生する花。大体6月前半くらいに咲く。