■槍ケ岳


※開いた写真のウィンドウはブラウザの「閉じる」ボタンなどで閉じてください。
・槍ケ岳頂上間近
 大雨だった前日の翌朝、槍ケ岳山荘から一路頂上へ。
 まだ雲が明けず。頂上に当って渦巻く雲がここの高さを物語る。
・槍ケ岳頂上付近から天狗沢方向
 雲が唐突に切れる。突然視界には直下数百メートルの大きな沢が現れる。
 東京タワーより高い所で梯子一本につかまっているだけなのだが、
 あまりにも現実感がない。
・ブロッケン現象
 頂上3,180m。眼下にまだ残る雲の上に虹の輪と自分の影が映る。
 有名な「ブロッケン現象」である。
・頂上から穂高連峰
 手前から中岳、南岳と続き北穂高、奥穂高、涸沢岳、前穂高、西穂高と
 穂高のビッグ5が連なる。
・槍ケ岳山荘から槍沢
 前日登って来た沢。前日は全く視界が利かなかったが、こうして雲が明けて
 みるとエライ所に登ったもんだと我ながら感心する。
 左に見える山小屋は殺生ヒュッテ。
・槍ケ岳山荘から槍ケ岳頂上
 北アルプスでは最大級(600人収容)の槍ケ岳山荘はちょっとした街並みにも
 見える。頂上あたりに見える人影の大きさの対比が面白い。
・飛騨乗越から飛騨沢・双六岳方面
 なだらかな緑の面が美しい飛騨沢。
・飛騨沢
 夏は高山植物の花が美しい。
・白出沢
 穂高から新穂高温泉方面に降りてくる沢。
 渓谷のスケールがやはり関東近辺よりは段違いである。