■燕 岳


※開いた写真のウィンドウはブラウザの「閉じる」ボタンなどで閉じてください。
・合戦小屋>燕山荘間から餓鬼岳方向
 中房温泉登山口から3時間余り。
 登ったのは11月3日。すでに高い部分は落葉も終わって冬の様相。
・合戦小屋>燕山荘間から燕山荘
 ゴールは間近に見えるものの、高い所故に中々歩みも進まず
 一番キツイところ。
 数日前に降った雪で道はぬかるむ。
・燕山荘から槍ヶ岳
 この日の槍ヶ岳はすでに冠雪、着氷状態でアイゼン、ピッケルが
 必須の状態。
・夕焼けの燕岳を燕山荘から
 穂高連峰などに比べると岩の角が取れてやわらかい感じの燕岳。
・燕山荘から日の入り
・燕山荘から笠が岳
・燕山荘から松本・安曇野の夜景
 このあたりは両側を山に挟まれており、南北に細長く市街地が伸びる。
・燕山荘から日の出直前
・燕山荘から日の出前の槍ヶ岳・穂高連峰
 晩秋の良い所はやはり空気が澄んでいるところだろう。
 遠景までくっきりと見えるので遠近感が乏しくなるのが変な感じではある。
・燕山荘から富士山
 日の出直前の雲海の向こうに浮かぶ富士山。右側の山は南アルプス
・燕山荘>燕岳山頂間
 オベリスクのような巨岩群。
・燕山荘>燕岳山頂間
・燕山荘>燕岳山頂間
・燕岳山頂から北燕岳
 北側は遠く立山連峰まで見渡せる。
・燕岳山頂から穂高町方面
 日が上がって大分経つが雲海は晴れてない。