■新穂高口 - 双六岳 - 三俣山荘


※開いた写真のウィンドウはブラウザの「閉じる」ボタンなどで閉じてください。
・小池新道/わさび平近く
 2005年の8月、4泊5日の少し長い行程で北アルプスの最深部を縦走。
 その始まりは新穂高温泉から北に伸びる小池新道から。
・小池新道/秩父沢から秩父平方向
 
 
・小池新道/秩父沢から笠ヶ岳方向
 
 
・小池新道/鏡平池
 双六岳までの道程の丁度中間とも言える鏡平。
 天気が良ければ向うには穂高連峰の雄姿が拝めた事であろう。
 
・双六岳頂上目前
 頂上付近は非常になだらかな斜面。
 
・双六岳頂上から燕岳方面
 天気が多少悪い方がこのようにダイナミックな光景に会える事も。
 
・双六岳頂上北斜面
 丁度コバイケイソウの花が見頃。
 
・双六岳巻き道から槍ヶ岳方向
 前日の曇天とは打って変わって晴天。緑一杯の斜面が気持ちいい。
 遠くの一番尖った部分が槍ヶ岳。
・双六岳巻き道から三俣蓮華岳方向
 
 
・鷲羽岳と三俣山荘
 黒四ダムが有名な黒部川の源流近くに位置する山。
 ここからいよいよ北アルプスの最深部へ入る。